スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

舌の根も乾かぬうちに(笑)

舌の根も乾かぬうちに(笑)

 
さて、何かとモノをつくるのが大好きな私です。
 
最近、多忙の合間にハマって読んでいたマンガを紹介させたいただきます。
 
以前、スーパージャンプという隔週のマンガ雑誌を買っていましたが、
それに連載されていたマンガです。
 
そのころから楽しく読んでいましたが、単行本で通し読みしたのは初めて。
 
ものづくりの楽しさを共感できるマンガです。
 
 
 

 
「ナッちゃん」
 
私の愛読書の1つです。
(集英社、SJコミックス、全21巻 プラス 東京編 3巻 以下続刊・・・?)
 
近畿地方のとある地方都市を舞台に、
主人公の阪本ナツコは、亡くなった父親の経営していた阪本鉄工所を継いだ。
女性・零細企業といったハンディ、ライバル企業との競争を乗り越え、
独特の工夫と前向きな努力で地域町工場の信頼を勝ち取っていく。

その続編の東京編では、ナツコが
 
東京都大田区蒲田


 
の鉄工所に修行に出る!
 
このマンガは、工業高校の図書館や、また町工場の蔵書になっていたり、
業界ではかなり有名なマンガらしい。
 
業界では、急ぎで余り儲からない仕事(?)を、
ナッちゃん仕事とも言うらしい(笑)
 
・・・で実は、作者のたなかじゅん先生、
yahoo にブログをお持ちだったりする。
(僕も今日知りました。)
 
「たなかじゅんのヨモヤマ日記」
 
 
 
 
・・・と、元来はモノづくりが大好き(ただし下手)な私ですが、
それ以外にも何かと接点の多いことも、このマンガが大好きな理由で。
 
 
1.金融・会計という、ある意味 「虚業」 が本業であることの反動
→ アイデアを捻り、試行錯誤し、作り上げたときの達成感は
なかなか味わえない
 
2.続編舞台が、まさに私の現在のホームタウン、大田区蒲田であること
 
3.作者のたなかじゅん先生のご出身が、和歌山県田辺市であること
→ 私のいとこが和歌山県西牟婁郡上富田町(田辺市のすぐそば)におり、
ちょくちょく白浜あたりにいくので、なじみがある・・・ というコジツケ
 
 
そういえば、亡くなった私の祖父も手先が器用な人だった。
人付き合いと商売が下手で、根っからの職人(縫い子)だった。
王様の仕立て屋 sarto finito の下職にイメージが重なる。
そういえば、京都からも特殊な袴のオーダーが来ていたりしたらしい。
数少ない伝統技術の持ち主だったと聞く。
 
私も、自分自身に人付き合いや商売の才能を感じない。
年追うごとに、古い知己に会うなり祖父にそっくりと言われることが多くなった。
 
何となく、人生間違えた?? ・・・と思う。
しかし諸事情により、自分探しはもう出来ないのであきらめざるをえない(笑)
 
 
 
正直言うと、女性のタイプもナッちゃんみたいな感じが好きかも。
うちのカミサンも化粧っ気ないし(爆)
 
 
ところでじゅん先生、
 
菌糸ビンプレス機改良の相談にのってほしいので、
蒲田のどこの工場にナッちゃんがいるのか教えてください(笑)。
 
 
 
話はちょっとかわって本業で。
 
公認会計士試験の合格発表があり、
なんと史上最年少、16歳の合格者だそうな。
しかも我が郷里岐阜県から。
ご立派・・・ 凄すぎ。
 
でもね~ それに受かっても最後にもうひとつあるのよ・・・
詰め込んだ知識が飛んじゃった頃に(笑)
でも、若い子にはあんま関係ないよね~・・・(悲)
 
この年で詰め込みはマジきついっす(汗)
これで最後と信じながら。
 
【追記】
うっかりコメをONにしてました。すみません。
紹介が主目的なので、コメ機能は無しでいきます。
よろしくお願いします。
(いただいたコメには返信しましたが、見えなくなってすみません)
 
大田区の町工場、頑張れ!!!
 
 
 
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ちなみ

Author:ちなみ
川西市西多田産、ほぼ通称Mゴールドのみを飼育しています♪ それ以外には、ポチさんがウチで間借り飼育している久留米、いただきものの能勢YGが5頭(笑) また、虫だけでなく飼育用品も自作したり、改良したりするのも大好きです。

welcome to my blog♪
ブロとも一覧

エバクワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。