スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【ちなみのブログ】 増設完了 & ’11/’12 スタート

増設完了 & ’11/’12 スタート

 
さて、今日朝9時過ぎに早速残りの冷蔵ショーケース1台が届いた。
 
写真内、上部左側のものである。
 

 
 
ガラスには断熱シートを貼り、冷蔵効率も大分よくなったようだ。
 
今日届いたものはまだ稼動していない。 ただもちろん冷えるかどうかは確認済み。
 
現状、他の2つでまだ冷蔵スペースは足りている。
 
昨シーズン一番ストレスを感じたのが備蓄菌糸ビンの管理であった。
 
これでようやくノドに使えた大き目の小骨が取れた気がしている。
 
 
 
 
さて、次のトピックだが。
 
ようやく種親の加温を開始した。
 

 
本日、種親の最終確認とケース洗浄、管理マット交換、
 
かつ雑虫処理のためにマットにはダニクリンを霧吹きした。
 
年毎にマシになって来ていたが、今回で不愉快な気分と完全におさらばできるであろうか?
 
なお、今回は加温、交尾・産卵前の栄養補給、かつ雑虫処理の3つをかねた作業となる。
 
1週間もあれば十分であろう。
 
 
 
ちなみに、今期のセット数も確定した。
 
今年は25セットになりそうだ。
 
しかし、個体数はさほど多くする予定はない。
 
もしハズレの♀に爆産されては困るので、
 
例外の♀を除き、30頭以上は産ませる予定はない。
 
系統を保存する目的のものは、せいぜい20で十分である。
 
当たり♀であれば、追加セットもしくは来年にもう1度産ませる方法を取る。
 
 
ブリードする系統は、一番多かったのが以外にもGG82となった。
 
70mm前半でも非常に形のよいものがGG82に多かった。
 
自己評価でSランク、A++ランク、A+がもっとも多かったのがGG82だった。
 
 
2月頭に小さめのものまで全部見直したのだが、
 
大分目も慣れたのか、はたまた好みが変わったのか、
 
前の予定と大分変わってしまった。 成長したと前向きに信じよう。
 
 
 
 
 
ところで、加温の仕方であるが。
 

 
 
本当は物置か下駄箱でやりたかったのだが、残念ながらスペースが無かった。
 
よって、書斎の机がそのための場所となった。
 
人間用のパネルヒーターを机の下にいれ、手前からサーキュレーターを回している。
 
先ほど確認したらすでに23℃近くになっていた。
 
冷蔵ショーケースの廃熱もあるので、大分部屋は暖まっている。
 
24℃まで上がれば十分だろう。
 
完全にはねかせていなかったので、すでにエサに食いついて離れないものもいる。
 
 
 
ところで。
 
 
 
25セットなので産卵木が足りなくなった。
 
菌床産卵も試す予定だが、今から産卵棒を作って間に合うのか?
 
間に合わねば、ブロックをそのまま使用するしかない。
 
 
そんなことを考えていて、♀の産卵行動のトリガーは結局何なんだろうと思った。
 
ふと、ひょっとしたらのアイデアが浮かんだ。
 
それは、産卵を促進するためにしばし取られる方法を、
 
より高度化・効果を最大化するような方法だ。
 
その材料は多分簡単に見つけられるだろうとタカをくくっていたのだが、
 
以外なことに日本国内ではムリなようだ。
 
仕方が無いので海外のHPを探したら、中国にあった。
 
メールで問い合わせたら個人でも販売してくれるということなので、
 
早速見積もりをお願いした。
 
まさか海外にまで調達先を求めるような真似をするとは思わなかった。
 
我ながら少々呆れている。
 
ただ、非常に理にかなっている方法だと思うので、
 
産卵自体の失敗はないと思われる。
 
しかし、効果がどの程度あるのかは未知数。
 
新たな産卵数増加のための技術の開発となるかもしれない・・・
 
などと今は夢を見ている。
 
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ちなみ

Author:ちなみ
川西市西多田産、ほぼ通称Mゴールドのみを飼育しています♪ それ以外には、ポチさんがウチで間借り飼育している久留米、いただきものの能勢YGが5頭(笑) また、虫だけでなく飼育用品も自作したり、改良したりするのも大好きです。

welcome to my blog♪
ブロとも一覧

エバクワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。