スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

爆発力

<追記>
 
下記20g台後半で3本目に投入、80mm越えを達成したのは、
 
すべてクロスライン(アウトライン)、すなわち、
 
同じ♂親の異母兄妹、
 
同じ系統内のまったくの別ライン(DG80同士の別ライン)、
 
異系配合(DG80×DG80SP)
 
・・・等です。 インブリで80mm越えはごくわずかでした。
 
川西もやはり遠い配合だとサイズは伸びるのでしょうかね。
 
また何より、今まで見たことのない面白い形に遭遇しました。
 
これを見ると、インブリの限界を感じざるをえません。。。
 
------------------------------------------------
 
適切な表題かどうか確信がないのですが・・・
 
備忘録がてら記します。
 
忙しくて皆さまに訪問できていません。 ゴメンナサイ。
 
 
 
今年羽化した成虫の傾向
 
 
 
♂種親は最大が80mm ジャストくらいだが、ほとんどの系統で親越え。
 
湾曲川西で今のところ最大 82.7mm。
 
ただしまだ羽化していない大型あり。
 
しかし、というかやはり大きいほど形は微妙。
 
今のところ、形にも納得がいく最大個体は 80mm ジャストくらいまで。
 
 
♀種親も最大が50mm だったが、こちらは楽に親越え。
 
今のところ最大で 54mm オーバー。 ただしまだ羽化していない大型あり。
 
感覚的に、50mm オーバー率は4、5頭に1頭は越えている。
 
 
とても驚いたのは、大台 80mm 越え個体の傾向。
 
12月、1月に3本目に投入時に25、26g だった個体から、
 
3本目で伸びて楽に80mm を越えてきた大台の個体がほとんどだったこと。
 
中には秋採れ幼虫の2本返しで 80mm を越えてきた個体がいた。
 
サイズは全く期待しないでビンを掘っていたので、出てきた瞬間は眼を疑った。
 
 
なお、3本目交換時に30g 越えていた個体は、半々で大台に乗った。
 
これは予想どおり。
 
 
しかし、形の観点で見ると・・・・
 
よい個体は平均的に明らかに多くなった。
 
具体的にはA評価が圧倒的に増えたのだが、
 
去年のように特別なオーラをまとった個体はいないようだ・・・
 
よく見ていない個体もいるので、整理するときにもう一度見てみたい。
 
去年の1番個体は、1回目のチェック時には見落としていたので、
 
今年もそうかも?(笑)
 
 
スポンサーサイト
テーマ : 国産オオクワガタ
ジャンル : ペット

Tag:ブリ一般  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ちなみ

Author:ちなみ
川西市西多田産、ほぼ通称Mゴールドのみを飼育しています♪ それ以外には、ポチさんがウチで間借り飼育している久留米、いただきものの能勢YGが5頭(笑) また、虫だけでなく飼育用品も自作したり、改良したりするのも大好きです。

welcome to my blog♪
ブロとも一覧

エバクワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。