スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【ちなみ製作所】 ちなビン! ○evin 続編 & ○夢編

ちなビン! ○evin 続編 & ○夢編

 
まずはお詫びからである。
 
昨今、クワ作業もその他も多忙で、
 
ブログも自身の記録を残すのに精一杯。
 
皆さんのブログへの訪問等もなかなかできていない。
 
しばらくはこんな状況が続くが何卒ご容赦願いたい。
 
 
 
 
 
さて、先日の Levin-G SP、詰めた後の経過である。
 
 

 
 
ひょっとしたら、とは思っていたが、やはり底部分で回りの悪いものが少々・・・
 
左は完品、中と右はイマイチのもの。
 
1500cc も 830cc と並行して、試験的に数本ずつ詰めているのだが、
 
やはり中粒子のせいか、830cc で15%程度、1500cc に至っては全てが、
 
通気口の深さ少し下からの部分で回ってくれなかった。
 
 
 
しかし、1500cc は補助通気口を追加、830cc はひっくり返すことで、
 
十分菌をまわすことができた。
 
菌でなくカビだったら悲惨だったが、助かった。
 
右2つは少し菌の回りが遅れているが、
 
発菌は確認できているので時間の問題であろう。
 
 
 
 
発菌中のビンの写真が下である。
 
 

 
 
 
しかし、この問題は2本目作成時の課題となった。
 
 
 
今は少数であったから補助通気口作成の対応ができたが、
 
これが200本、300本となると少々キツイ。
 
どうしようかと夕べから考えたあげく、
 
試験的に Levin-G SP 2ブロックに対し、
 
Extra を1ブロック混ぜたビンを追加作成することにし、発注も済ませた。
 
Levin とは添加剤が違うだけとのことなので、大きな影響はないと見ている。
 
 
 
ただ、Extra は何%が粗目等の表示がないので、
 
一体どの程度の粗目なのか検討がつかない。
 
ただ粗めとある以上、Levin-G よりは粗目だろうと考えている。
 
本当は試しに少数のブロックを取り寄せて下検分すればよいのだが、
 
あいにくもうその時間もない。
 
仕方なくここは見切り発車だ。
 
 
 
ポチさんは、ウチで預かる幼虫に Levin-G をメインで使うこともあり、
 
ここは一応実験しておこうかと思う。
 
 
 
また、ゆるやかな成長をさせることで、
 
より大きな頭部を持つ幼虫を育てるためにも、
 
このポイントは実験する価値があると判断した。
 
 
 
ちなみに、より頭部の大きな幼虫を育てることの重要性は、
 
ギネスを狙える系統でも、湾曲美形でも共通すると考えている。
 
特に久留米の様な「超」のつく直線系大アゴで、
 
頭幅よりも大アゴにリソースの向かうパターンにはまれば、
 
大幅にサイズアップに寄与するのではないか?
 
と想像したりしているが・・・ どうであろうか?
 
 
 
 
 
 
・・・で、Extra を混ぜた1本目の結果に問題がなければ、
 
2本目はこの方式も並行したいと思う。
 
 
 
 
 
 
 
さて、下はいよいよ3種類目の菌床。
 
大夢ブナ100 である。
 
 

 
 
 
昨日は昼からポチさんの参加があり、大変助かった。
 
ポチさんはビン詰め自体が初めてだったのだが、
 
いくつか詰めたらコツもつかめた様子。
 
若いと覚えも早い・・・ (羨)
 
私はその傍らビン洗浄、夕方は子供の迎え等に走ったが、
 
ポチさんが頑張ってくれて大変助かった。
 
 
 
さて、肝心のビン詰めしてみての感触だが。
 
 
 
粗目15%混入とあったが、かなり粒子が細かい。
 
正直、もう少し粗いかと思っていたのだが。
 
劣化&成長が早そうな印象。
 
 
 
また、ちなビンの詰め方では菌が回らない可能性大。
 
よって補助通気口を追加しながらの詰め作業となった。
 
内容量も 550g と、50g 下げての実験である。
 
ともかくまずは様子見である。
 
 
 
2本目では、少々予定とは異なるが、大夢コースを混ぜざるを得ないだろう・・・
 
本当はブナで培地は統一したかったのだが、コースはクヌギである。
 
大夢はクヌギ主体のラインナップだが、
 
ブナ User の私にはブナのラインナップの充実が待ち遠しい。
 
 
 
しかし、この実験は生き物が相手である。
 
生き物は人間の都合に合わせてくれるものではないため、
 
想定外の事態が発生することが普通。
 
しかし往々にしてそれが発見になったりする。
 
サプライズを期待してみたい。
 
 
 
 
ところで。
 
 
 
 
ここからはポチさん個体編。
 
これは、昨日ペアリングを開始したポチさんの追加♀との同居風景。
 
 

 
 
 
一晩で大分ゼリーが食されているが、実はエサに一工夫してある。
 
 
プロゼリーにハチミツを1滴たらして少し水をかけ、
 
ゼリー表面をかき混ぜてある。
 
こうするとゼリーの食いつきがさらに上がる。
 
餌場での確実な出会いを演出したい場合は、
 
かなりの効果があるのでお試しあれ。
 
ともかく、今のところ事故もないようで一安心。
 
 
 
 
 
さて、次は ポチ棚 (笑) の風景である。
 
 
 
ポチさんが昨日の詰め作業の前にセットを組んだ。
 
私も少し手伝った。
 
 

 
ちなみに、産卵セットのケース3つは私がレンタルした(笑)
 
上段の気合の入った大きなバックルコンテナには、
 
ポチさん期待の♀53mmが入っている。
 
材はTPさんのカワラ材。
 
結構値段も張ったらしいが、フンパツしたようだ。
 
 
 
下段の大ケースからは、ポチさんが帰るときにはすでにかじる音がしていた。
 
なかなか良い感じではないか?
 
 
 
ちなみにこの棚は、もともと下駄箱である。
 
ドアを閉めておくと、昼間でもエサを食べており、
 
ともすると交尾している様子すら確認できる。
 
 
 
もちろんクワ用に購入したわけではない。
 
2年ほど前、もともと近くに住んでいた妹が
 
イギリス人と結婚してオーストラリアに引っ越したとき、
 
処分に困るものをウチにおいていった、というより押し付けていった。
 
これはそのうちの1つである。
 
面倒で処分せずにいたが、こんなことに役に立っている。
 
 
 
 
 
 
 
作業の後、今後の予定なども話ながら、
 
ポチさんとウチで夕飯を食べました。
 
4日は 9時~9時のバイトだそうで・・・(汗)
 
お疲れ様でした。
 
 

 
 
 
 
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ちなみ

Author:ちなみ
川西市西多田産、ほぼ通称Mゴールドのみを飼育しています♪ それ以外には、ポチさんがウチで間借り飼育している久留米、いただきものの能勢YGが5頭(笑) また、虫だけでなく飼育用品も自作したり、改良したりするのも大好きです。

welcome to my blog♪
ブロとも一覧

エバクワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。