スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

今年の一番個体


帰省前に掘り、すでに存在は確認していた個体である。



配合は、  DG80SP のアウトラインの掛け合わせ。


親サイズは、♂ 78 × ♀51 という、よくあるサイズ。



固まってから計測しなおし、82.4mm であった。


最終確認体重は、1月17日の 31.43g である。




IMG_3210.jpg
 


IMG_3216.jpg 


IMG_3229.jpg 



形状は、見慣れた方ならお分かりいただける通り、


典型的なM系川西、湾曲美形の見本のような形である。


形状で大きな欠点が見当たらないというのは、


ある意味才能である。




結局、このラインが♂、♀ ともに平均サイズは最高、


そして面白いことに、形状においても良い個体が多いラインの1つとなった。


親のサイズを4mm 更新というのは私も初めてで、


しかもこのレベルで・・・  とても驚いた。




写真だけ見ると、70mm 後半と区別がつかない。


70mm 台後半の形を維持して、そのままサイズアップしてしまった。


ちなみに、このボディサイズで久留米の大アゴがついていたら、


恐らくギネスサイズに近いであろうか?



この個体、最終確認体重は 31g くらいしかないのである。


やはり、ちなビン効果?


今年はこんなパターンが多くて驚いた。


一番ビックリしたのは、秋採れ2本返し、2本目投入時 21g 程度の幼虫が、


80mm オーバーで羽化したことである。


一番長く放置される3本目でじっくり食べて体重を増やし、


そのまま羽化したとしか考えられない。




他のブリーダーさんは春先に加温されているようだが、


ウチはそれをやっていない。  それで成長期間が延びたのか???


21~23℃で放置であるから、


羽化までに相当の時間を要した。 掘ったのが8月半ばである。


ビンは都合7ヶ月もきちんともってくれたことになる。


雰囲気的に、あと2ヶ月は大丈夫そうな状態であった。



ビバ、ちなビン!


(余談ながら、意外にも今のところセミ個体らしきものは数頭しかいない。)



というわけで、当家M系川西でもアウトライン配合が炸裂してしまった。


サイズのみでなく、形状でも親越えする個体が多いという現実に驚いた。


もうインブリの時代は終わった?
スポンサーサイト
テーマ : 国産オオクワガタ
ジャンル : ペット

Tag:ブリ一般  Trackback:0 comment:3 

プロフィール

ちなみ

Author:ちなみ
川西市西多田産、ほぼ通称Mゴールドのみを飼育しています♪ それ以外には、ポチさんがウチで間借り飼育している久留米、いただきものの能勢YGが5頭(笑) また、虫だけでなく飼育用品も自作したり、改良したりするのも大好きです。

welcome to my blog♪
ブロとも一覧

エバクワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。