スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

昼メシは座って食べるな!

久々にまともに本を読んだ。

などと言っている時点で私のレベルの低さが分かる(笑)


IMG_3606.jpg 



実は今日、仕事で幸運にもこの本の筆者の方と

時間を共にさせていただくことができた。



簡単にHPからプロフィールを抜粋させていただくと、


ファーストビレッジ 株式会社
http://www.firstvillage.co.jp/index.php


1959年、北海道生まれ。立教大学社会学部に入学。

在学中に、学生旅行ツアーを企画。

年間1000台のバススキーツアーを企画し、4年間で60億円の売上を上げる。

学生起業家の走りである。

大学卒業後、野村證券入社。

新宿野村ビル支店時代に引き継いだ預かり資産を

20億から2000億に増やすなど、手腕を発揮。

個人で月間投信販売額500億円、

月間手数料収入6億円の記録を打ち立てた。

その後、最年少で大森支店長に抜擢される。

それから野村證券における本社営業企画部等、超エリートコースを歩む。

KOBE証券に専務取締役としてスカウトされ、その後社長として、

預かり資産1兆4400億円を集め、

KOBE証券を一人当たりの預かり資産で野村證券を抜くまでに成長させた。

また、全くの独立証券でありながら、

証券会社リーグテーブルで堂々の第12位(2003年度)につけ、

2006年3月に株式公開を果たした。

2007年4月よりファーストヴィレッジで代表取締役社長として、

M&Aを中心とした経営コンサルを行なっている。


・・・・という方である。


いや~  オーラありましたね。

ミーティングの最後に写真の本をご進呈賜り、即日拝読しました。



最近、バタバタして新聞を読むことすら面倒ですが、

同じ金融という舞台で営業をかじったこともあり、

また平易な文章で書かれていることもあり、

楽しくて一気に読んでしまいました。

おかげで元気がもらえましたね~




この本から何を学んだかというと。



「愚直」  であることの大切さである。



所詮すべきことからは逃げられない。

逃げられないならやるしかない。

そしてやるなら徹底的にやる。

徹底的にというのは、簡単に言えば、人の2倍、3倍やることである。

通常、そこまでやるか? という量・レベルで徹底的にやることである。

愚直になれるかということである。




Life finds a way.

どんな苦境にたたされても、

すべての生き物は生きる道を見つようとする。

ギリギリの状況から、自分が新しい能力・経験を身につける快感。




自分は残念ながら昔から比較的体が弱く、

たとえば、毎日5時間睡眠でフルに集中して

仕事をするなどという真似は到底できない。

幼いとき、実は病気で死にかけたこともある。



限られた自身のリソースをどう使うかというのは非常に深刻な問題である。

特段、人に勝る才能があるわけでもない。

なぜ今でもこうして生きているのかが不思議になるときがある。



出来ることに普通の人以上に限りがあるので、

普通の人以上に自身の能力をシビアに、正確に把握し、

ストロングポイントを徹底的に磨き、また必要かつ可能な範囲で周辺を補い、

とにかく絞りこんで、時間、体力、集中力をつぎ込むしかない。



僕には丈夫な体、そして才能などというものはない。

ただ、「愚直」になれる特技だけはあったことを思い出した。



市村さんほど立派にやり遂げられるとは思わないが、

何かに死ぬ気で集中してやれば、こんな僕にも何かできるのではないか?

と、背中を押してもらえる本だった。



死ぬ気で集中しなくても、これだけクワガタをやれているのだから(?・・・笑)

死ぬ気で集中すれば、何かひとつ、やり遂げられるのではないかと。



市村さん、本日はありがとうございました。

スポンサーサイト
テーマ : 起業・独立への道
ジャンル : ビジネス

Tag:未分類  Trackback:0 comment:2 

問題発生・・・



ポチ  「今度のビン詰め、お休みさせていただきたいんですが・・・」



ちな  「な、なに!!  もうすぐ Levin G SP が○○ブロック来るという時に! 」



ポチ 「実は・・・ ペアリング出来るかどうかの瀬戸際なんです」



ちな  「え? またペアリングして幼虫取るのか? 秋採れはでかくなんないぞ」



ポチ  「俺がペアリングできるかも知れないんです」



ちな  「え?」



ポチ  「ようやく巡って来た春かもしれないんで、チャンスは逃したくないんです!」



ちな  「ひょっとして、デートの約束か・・・?」



ポチ  「はい・・・」



ちな  「初めてのデートでいきなりペアリングするのか・・・?」



ポチ  「そんなわけないじゃないですか! なんとなくムシ用語で説明しただけです!」



ちな  「そうか、それはよく分かる。大切な話だな。頑張って行って来い!」



ポチ  「ありがとうございます!!」



ちな  「もしペアリングが不調だったら、追い掛けは俺に任せろ」



ポチ  「・・・・ 嫌です」

Tag:未分類  Trackback:0 comment:8 

超久しぶりに・・・


超久しぶりにオークション出品しました。

今回の出品はGG82です。

この系統の特徴は・・・

1.大き目から小さいのまで満遍なく出ること
→ 今年羽化はアウト、去年羽化はインでしたが、傾向はあまり変わらない。。。
これは♂親の性質かも?

2.GGでいくつかある形状の傾向が万遍なく出る
→ 湾曲系、細長いけれど体長がある系統が混ざって出る印象

3.初めて飼った川西の系統で、個人的思い入れがある系統

4.現在6系統いるGG82(84)系の、
アウト(クロス)のブリードのために保存している系統


という感じです。

♂親はご本家直系、♀親は私の親方経由ご本家直系です。


今回、初めてのまとまった出品ということもあり、

比較的ウチではおとなしめ(?)の系統から出しました。


正直、値段はそんなに気にしていません。

里親募集の感覚で行っています。


何かご質問等ありましたらお気軽にどうぞ♪
 




【出品ブース】

http://www.bidders.co.jp/user/23677212

テーマ : 国産オオクワガタ
ジャンル : ペット

Tag:未分類  Trackback:0 comment:2 

DG83系統・・・ORZ



下記は、昨年ペアで購入したDG83系統の幼虫が羽化したもの。


11g とあったので♀と信じて疑いませんでしたが、

何と♂でした。 (代替個体はいただきました)

 



昨年大枚をはたいて購入したDG83系統なのですが、

成虫取り出しが完了した♀のみについて (♂は一部まだ)、

少し感想を記したいと思います。



1点目。


余り生命力の無い系統(?)なのか、

インブリの影響なのか、飼育環境のせいなのか、それともたまたまなのか、

当家羽化の個体は親サイズの割りに平均サイズが小さい印象です。

DG83は、♀ 53mm1頭 、50mm1頭 がいた以外は、

全て40mm台でした。

40mm台前半(!)も2頭ほどいたように思います。


しばらく前、♂幼虫でも2月頃に異変(?)が起きていました。

30g ちょい越えの幼虫のビンに 少しの 暴れが見られたので、

早めに交換と思い開けてみたら・・・・


何と22g !!


あわてましたよ、マジで。

そもそも向こうでの交換時ホントに30gあったのかな~という疑念。 それだけは無いと祈りたい・・・

ま、エラーは誰にでもあるのですが・・・

ちなみに、これについては代替個体をいただけましたケド。





2点目。



1点目以上に驚いたのは、4、5頭に1頭のくらいの割合で

★になったことです。

いずれも蛹室を作って前踊、もしくは蛹の状態で★になるケースでした。

これもたまたまなのか?

本家・他のブリーダーさんのところでもそうなのかは分かりませんが・・・


途中で死亡するリスクは当然承知はしていたものの、

当家の他のDG・GG系統では同じビン、同じ条件の飼育で、

★は 15、16頭に1頭いるかいないかですので、かなり高い割合です。



なお、同じ時期に本家購入したDG80、GG82SPは1頭ずつ★でしたが、

こちらは特段高い★の割合とは感じていません。


ただ、想像通り GG82SP はサイズが伸びませんでした。

購入した後に、知り合いから、産卵数も少なく

サイズも伸びづらい傾向ありと聞いていましたので、

驚きではありませんでしたが。

オクで落とす前に知っていれば当然落とさなかったケド(笑)



DG80は、当家ブリードのDG80と同じような印象で、

特に違和感は感じていません。こちらはある意味期待どおり。




3点目。


BE-KUWA 等で親♂の写真が公開されていますが、

当家で羽化した♂は、???という形の♂ばかり・・・

70mm も無い♂が一番カッコよかった(笑)

60mm台の♂と53mm の♀ってブリできるのかな?(笑)







以上、幼虫を購入するのは昨年が久しぶりだったのですが、

改めてそのリスクを認識しなおした次第です。

特に新系統は情報が少ないですし・・・

能勢YGの幼虫って1頭○万円だそうですが、どのくらいのリスクなんでしょうか?



また、昨年の猛暑のせいか、インブリで累代が深くなりすぎがためか、

異変が起きていると大御所がおっしゃっていましたが、

一瞬そういうことなのかもと思いました。

ただ、当家既存の系統は異常なしなので、

やはり系統の性質なのかと感じています。



何にせよ、よい勉強になりました。

今更ながら、


成虫購入の方がリスクは低く割安


ですね。


今回はたまたま運が悪かっただけと信じたいところです。

同じような状況の方が出来るだけ少ない事を祈ります。


特にオクとか入札考えている方、ご参考まで。





DG83

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

【ちなみ製作所】 恐怖! オオクワッチさんより着弾

恐怖! オオクワッチさんより着弾

 
 
さて、前記事のオフ会ご案内のリマインダーです。
 
6月26日 (日)   蒲田  17:30~  予定
 
詳細下記リンク↓
 
http://blogs.yahoo.co.jp/salto_finito/25723801.html
 
 
ご参加よろしくお願いします♪
 
------------------------------
 
 
今日、家に帰ると宅配ボックスに荷物が。
 
 
 
オオクワッチさんからである。
 
 
 
ご丁寧にも、先日の幼虫プレとDVDのお礼をご手配くださった。
 
私も日本人。 物を贈ったり贈られたりするのが好きである。
 
 
 
 
さて、何だろう?
 
 

 
 
 
 
 
 
 
ん・・・・?
 
品名に非常に気になる文字が。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
なんと、プラケースとあるではないか。
 
 
そういえば、オオクワッチさんの記事で沖縄旅行に出かけられることを知り、
 
 
実は採集旅行ではないかと冗談でコメをした記憶が。。。
 
 
ひょっとしてそのおすそ分けか???
 
 
 
 
 
恐る恐る中を覗くと・・・・
 
 
 
 
 
 
 
う・・・・ 確かにプラケース。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
ひょっとしてこんなのとか、
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして今やご禁制(?)となった・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
・・・とか??
 
 
 
 
 
 
 
 
ビクビクしながらクッションをよけてみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
あれ? 新品のプラケース?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中身は沖縄限定お菓子の詰め合わせでした(安)
 
 

 
 
 
 
 
オオクワッチさん、ありがとうございます♪
 
マジでムシだったらどうしようと思った・・・ オオしか飼い方わかんないし(汗)
 
 
 
 
 
 
さて。
 
 
 
 
 
 
ついでなのでムシネタも。
 
 
 
 
 
 
 
 
しげしげとケースを見つめる怪獣2号。
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
フフッ、いつもの猛獣ぶりとは打って変わり、かわいいではないか♪
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
やはり生まれたときからクワガタがいる生活なので、
 
何やら大いに間違っている気がしますが
 
 
免疫どころか、それが既に彼の中では当たり前になっているようで。
 
最近はヘイキで手に乗せるようになった。
 
 
幼虫にも全く抵抗がないようで、
 
「ゆびさん、ゆびさん」 と無邪気な様子がかわいい。
 
→ 幼虫が指に見えるらしい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところでその個体・・・・・
 
 
 
 
 

 
73mm 弱の GG82 で、
 
実は子供のおもちゃにさせてよい個体ではないのである。
 
 
 
川西市西多田 100% 、オオクワもここまで来たか!?
 
 
 
サイズこそ小さいものの、
 
大アゴの形、頭幅、前胸幅、腹の長さ&細さ、体表面等、
 
湾曲系好きの私による全体的・平均的な評価では、
 
恐らく今年のトップクラスの種親。
 
欲を言えば、頭部にごく微小なディンプルがあることと、
 
大アゴ内歯のエッジがもう少し効いていたら最高だったのに。
 
 
 
あまりのフォルムに最初はホペイが混じっているのでは?
 
と思うくらいだったが、眼上突起、前胸背板、頭部眼下の突起を見ても、
 
オオクワの特徴しか見られない。
 
 
 
またこの個体は当然だが由来がはっきりしており、
 
ホペイが混ざる可能性は本家にしかないのである。
 
 
 
 
 
そう、たまにこの系統にはホペイが混ざっているといわれることがあるようで。
 
 
 
 
 
ただ、これについては私はこう信じる。
 
 
 
 
エラーはどのブリーダーにもゼロではないという一般論は一応前提とするが、
 
それ以外の可能性として、形を追い求めるために
 
意図的に混ぜられたという確率は、限りなくゼロに近いと考える。
 
 
なぜならば、自己採集個体、産地純血種、
 
ついこの間まではインブリのみという、
 
大変氏の思い入れの強い系統である。
 
これに他の系統を混ぜることはイコール自己否定。
 
よってそれはまずありえないと思われる。
 
 
 
種類に限らず、自分で採集した個体を大切にブリードしている方なら
 
容易に理解できると思われる。
 
 
 
また、細かいことはさておいて率直にすごい & この系統の特徴と思うのは、
 
 
 
自身で採集した個体を元にしている → 自己採集個体
 
他の産地・地域の個体を混ぜていない → 産地純血種
 
サイズ・形の両方で評価を得ている → 美形コンテスト入賞・ギネスを記録  
 
 
 
ことである。
 
 
 
世の中には数多くのブリーダーがいるが、
 
オオクワに限らず上記3つを達成したブリーダーは一握りであろう。
 
 
 
 
またついでの話、少なくとも私の手元の個体は
 
全て本家まで容易に由来をたどることが出来るというのが嬉しい。
 
美術品・骨董品と同列に語れるとは思わないが、
 
由来・履歴が確かなものでないと贋作 (or 少なくとも本物とは呼び難い)
 
の烙印が押される世界でも通用する・・・かな?(笑)
 
 
 
・・・というような、
 
自己満足の世界を与えてくれるオオクワが大好きである。
 
 
 
 
あ、ちなみに先の紹介個体、50mm の♀に交配して
 
50匹弱の幼虫が取れました。   ヒェ~
 
 
 

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ちなみ

Author:ちなみ
川西市西多田産、ほぼ通称Mゴールドのみを飼育しています♪ それ以外には、ポチさんがウチで間借り飼育している久留米、いただきものの能勢YGが5頭(笑) また、虫だけでなく飼育用品も自作したり、改良したりするのも大好きです。

welcome to my blog♪
ブロとも一覧

エバクワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。